平井憲夫「廃炉も解体もできないので閉鎖」

廃炉も解体も出来ない原発

 一九六六年に、日本で初めてイギリスから輸入した十六万キロワット
の営業用原子炉が茨城県の東海村で稼動しました。その後はアメリカか
ら輸入した原発で、途中で自前で造るようになりましたが、今では、こ
の狭い日本に一三五万キロワットというような巨大な原発を含めて五一
の原発が運転されています。

 具体的な廃炉・解体や廃棄物のことなど考えないままに動かし始めた
原発ですが、厚い鉄でできた原子炉も大量の放射能をあびるとボロボロ
になるんです。だから、最初、耐用年数は十年だと言っていて、十年で
廃炉、解体する予定でいました。しかし、一九八一年に十年たった東京
電力の福島原発の一号機で、当初考えていたような廃炉・解体が全然出
来ないことが分かりました。このことは国会でも原子炉は核反応に耐え
られないと、問題になりました。

 この時、私も加わってこの原子炉の廃炉、解体についてどうするか、
毎日のように、ああでもない、こうでもないと検討をしたのですが、放
射能だらけの原発を無理やりに廃炉、解体しようとしても、造るときの
何倍ものお金がかかることや、どうしても大量の被曝が避けられないこ
となど、どうしようもないことが分かったのです。原子炉のすぐ下の方
では、決められた線量を守ろうとすると、たった十数秒くらいしかいら
れないんですから。

 机の上では、何でもできますが、実際には人の手でやらなければなら
ないのですから、とんでもない被曝を伴うわけです。ですから、放射能
がゼロにならないと、何にもできないのです。放射能がある限り廃炉、
解体は不可能なのです。人間にできなければロボットでという人もいま
す。でも、研究はしていますが、ロボットが放射能で狂ってしまって使
えないのです。

 結局、福島の原発では、廃炉にすることができないというので、原発
を売り込んだアメリカのメーカーが自分の国から作業者を送り込み、日
本では到底考えられない程の大量の被曝をさせて、原子炉の修理をした
のです。今でもその原発は動いています。

 最初に耐用年数が十年といわれていた原発が、もう三〇年近く動いて
います。そんな原発が十一もある。くたびれてヨタヨタになっても動か
し続けていて、私は心配でたまりません。

 また、神奈川県の川崎にある武蔵工大の原子炉はたった一〇〇キロ
ワットの研究炉ですが、これも放射能漏れを起こして止まっています。
机上の計算では、修理に二〇億円、廃炉にするには六〇億円もかかるそ
うですが、大学の年間予算に相当するお金をかけても廃炉にはできない
のです。まず停止して放射能がなくなるまで管理するしかないのです。

 それが一〇〇万キロワットというような大きな原発ですと、本当にど
うしようもありません。

「閉鎖」して、監視・管理

 なぜ、原発は廃炉や解体ができないのでしょうか。それは、原発は水
と蒸気で運転されているものなので、運転を止めてそのままに放置して
おくと、すぐサビが来てボロボロになって、穴が開いて放射能が漏れて
くるからです。原発は核燃料を入れて一回でも運転すると、放射能だら
けになって、止めたままにしておくことも、廃炉、解体することもでき
ないものになってしまうのです。

 先進各国で、閉鎖した原発は数多くあります。廃炉、解体ができない
ので、みんな「閉鎖」なんです。閉鎖とは発電を止めて、核燃料を取り
出しておくことですが、ここからが大変です。

 放射能まみれになってしまった原発は、発電している時と同じよう
に、水を入れて動かし続けなければなりません。水の圧力で配管が薄く
なったり、部品の具合が悪くなったりしますから、定検もしてそういう
所の補修をし、放射能が外に漏れださないようにしなければなりませ
ん。放射能が無くなるまで、発電しているときと同じように監視し、管
理をし続けなければならないのです。 

 今、運転中が五一、建設中が三、全部で五四の原発が日本列島を取り
巻いています。これ以上運転を続けると、余りにも危険な原発もいくつ
かあります。この他に大学や会社の研究用の原子炉もありますから、日
本には今、小さいのは一〇〇キロワット、大きいのは一三五万キロワッ
ト、大小合わせて七六もの原子炉があることになります。

 しかし、日本の電力会社が、電気を作らない、金儲けにならない閉鎖
した原発を本気で監視し続けるか大変疑問です。それなのに、さらに、
新規立地や増設を行おうとしています。その中には、東海地震のことで
心配な浜岡に五機目の増設をしようとしていたり、福島ではサッカー場
と引換えにした増設もあります。新設では新潟の巻町や三重の芦浜、山
口の上関、石川の珠洲、青森の大間や東通などいくつもあります。それ
で、二〇一〇年には七〇~八〇基にしようと。実際、言葉は悪いです
が、この国は狂っているとしか思えません。

 これから先、必ずやってくる原発の閉鎖、これは本当に大変深刻な問
題です。近い将来、閉鎖された原発が日本国中いたるところに出現す
る。これは不安というより、不気味です。ゾーとするのは、私だけで
しょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック